iPhoneとAndroidの機能の違いは

subpage01

iPhoneはAndroidと比べると、シンプルで使いやすいという点でとても優れております。

iPhoneに関連した書きかけ項目です。

無駄なアプリや機能が標準装備されていないため、必要があればインストールすれば使うことができます。

しかし、iPhoneは機能として、赤外線通信、おサイフ携帯、ワンセグや防水機能などは備えておりません。
こういったものを使う機会がある場合はAndroidを利用すると使うことができます。また、SDカードのスロットルがないので、保存するには、別売りのカードリーダーを使ったり、Dropboxなどのサービスを利用して使うことができるようになります。



しかし、アプリはiPhoneの方が圧倒的に多く、AppStoreのラインナップはとても充実しており、しかも、セキュリティーに関してAppがしっかりと監視しているため、個人でセキュリティーソフトをダウンロードしたりといったメモリーを使う行為は必要ありません。

また、iPhoneは規格が一定なので、アクセサリーを探すことに苦労しなくても手に入れることができます。

Androidの場合は、規格が会社によって異なり、なかなか手に入らないということも多いのですが、アクセサリを探すのに手間がかからないということが上げられます。

iPhoneは、もともと音楽プレイヤーので、音楽の再生や管理、購入などがとても得意な点が上げられます。



iTunesというパソコンのソフトで、音楽や動画、電子書籍、アプリやバックアップなどができ、パソコンで曲を購入したり、クラウド上に音楽を保存して、複数の機器で音楽を統一することができるといったメリットがあります。


どちらが合っているかは、自分の使いたい機能で決めることが大切です。

iPhoneを詳しく知りたいなら

subpage02

日本はiPhone天国と呼ばれるほど、iOSのシェアがAndoroidのシェアを超えている唯一の国です。なぜこのような現象が起こっているのでしょうか?これは日本の特殊性から生まれた現象です。...

NEXT

iPhoneの基本知識

subpage03

現代社会では、インターネットを使ったオンラインサービスが数多く公開されており、ブラウザやアプリを通して色々な機能を使えるようになっています。スマートフォンは、常時インターネットに接続する事が出来ますので、オンラインサービスの利用に適しています。...

NEXT

iPhoneの知っておきたい常識

subpage04

ゲーム機と言えば、据え置き型がかつて主流でした。しかし現代では翻って、携帯型の端末が大流行です。...

NEXT

iPhoneの身に付けたい知識

subpage04

いつでもどこでも気軽にインターネットに接続ができ情報収集が非常に便利なモバイル端末であるスマートフォンは、地図で建物の場所を調べたり外出先でちょっとした調べごとをしたりするのに多くの人が活用しています。調べた情報を開いたままにしておき再度表示をさせたり、別の媒体にメモをし直すという使い方をする人も少なからず存在していますし、表示させた情報を他の人にそのまま送りたいというケースも少なからずあるでしょう。...

NEXT